2014年01月24日

太陽光発電パネルの設置の流れを知っておこう!

太陽光パネルを設置するにあたって、今後どのような流れで設置が行われていくのか

設置前の太陽光パネルを設置検討している段階で、知っておいたほうがいいでしょう。


まず初めに行うことは見積もりになります。

ここで、どの位の料金が発生するのかを把握していくと同時にローンで購入する場合

何年ぐらいで返済できるのかを知っておいたほうがいいです。

そして、見積もりで納得いくようでしたら、現地調査に入ります。

設置が可能かどうか判断する為の現地調査でこの現地調査が無事完了するとご契約の流れになります。

その後、ソーラーパネルの設置工事に入るのですが、業者によって1日で終わる業者もあれば

4,5日掛かる業者もありますので、どの位に工事が終わるのかも確認していたほうが後々、スケジュールを

調整が出来ますので、知っておいたほうがいいでしょう。

工事が終了後、1週間~4週間に電力会社から系統連結を行いに伺う事があります。

この系統連結作業が終了した後、売電をする事が可能になります。

これで、すべての流れは完了です。

完了後、国や地方自治に申請する事によってて、補助金が入金される形になるのが

一般的な太陽光パネル設置の流れです
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。