2014年01月25日

太陽光発電パネルの選び方の基準。

物事を始めるにあたって、数多くの選択肢の中から自分に合った製品や

それに関わる業者などを選ぶ事は極めて重要です。

ですが、いざ選ぶ段階になるとかなり難しい事でしょう。

太陽光発電のソーラーパネルを選ぶ時も同じ事で、安いものなら

ある程度、妥協して選べるかもしれませんが、ソーラーパネルなどは高額な商品の為、

購入してから、失敗したくは無いのは誰でも考える事です。

そこで、太陽光発電の設置前にソーラーパネルの選ぶ基準を少し説明しておきたいと思います。

これを基準に選んでみてください。

まず、性能面で考えたとき太陽光発電で一般的に用いられている「変換効率」という指標に注目して下さい。

変換効率というのは、太陽光パネルで受けたエネルギーをどれだけ電気エネルギーに変えられるかの割合を

出す事が出来ます。

それによって、変換効率によるシュミレーションが出来る事があります。

ただ、このシュミレーションは実際の住宅事情で異なる事がありますので、ある程度得られる

電力エネルギーの目安と考えておいたほうがいいでしょう。

次に注目したい点が、実発電量という項目を覚えておきましょう。

これはシステムの設置後にどれだけ発電量が得られたかをシステムごとに実測した数値です。

実発電量が分かれば、家庭で得られる電力がどれだけなのかが分かるので、余剰電力を電力会社に

買い取ってもらえる価格が分かるので、そこから得られるキャッシュフローが毎年いくらか把握する事が出来ます。


購入前にはメーカーの質問事項として、「実発電量」の事を質問する事を考えてみてください。

次に注目する事は、製品の素材に焦点を充てて見ていきたいと思います。

太陽光発電パネルでは、今では多くの企業が参入してきていますので、そのメーカーによって製品の種類も

多種多様に存在します。

その中から、自分に合った商品を選ぶだけでも、ひと苦労です。

ですので、ここでは主な製品の種類をご紹介いたします。

太陽光パネルには、主に一般的に普及されているシリコン系の太陽光パネルが有名です。

太陽光の変換効率が良いのですが、製造工数が掛かるために、割高な商品になりがちです。

そんな中、最近注目を集めている「CIS薄膜系」の太陽光パネルが人気です。

このCIS薄膜系の太陽光パネルは次世代型の太陽光パネルで化学物系を使用している事に

より、シリコン系と比べると原材料の使用が少なく、製造工程も少ないのでシリコン系より

安値で購入する事が出来るようになっています。

さらにCIS薄膜系は実発電の面からみても、シリコン系と同じぐらいの実発電を得ることが出来ます。

鉛やカドミウムなどの物質を使用しているので、環境面での負担が少ない事や影や熱の影響も少ない

利点があります。

少しの影ぐらいなら、十分発電する事が可能なまさに次世代型の太陽光パネルといえるでしょう。

この様な点に注意しながら、色々なメーカーの商品を吟味しつつ、近年様々な新しい太陽光パネルを発売している

各メーカーの動向も視野に入れて、自分に合った適切な太陽光パネルを選ぶ事で設置後の失敗を回避する事が出来ると思います。

↓ ↓ ↓ ↓色々なメーカーの製品を比較見積もりが出来る太陽光発電設置専門のサイト!




太陽光発電は見積り比較で安くなる!


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。