2014年01月25日

将来の買い取り価格からみた、太陽光発電のメリット。

日本では200年代初期に太陽光発電の設置が始まり、2012年7月の固定価格買い取り制度が

導入してから、一般家庭での設置台数が上がってきています。

このままいけば、太陽光発電の設置数は世界一位になるだろうという見方をする

意見が様々見られます。


ですが、2015年に太陽光発電の設置は一つの節目を迎えます。

それというのも、買い取り価格の問題と税制の問題があります。

2012年に始まった固定買い取り価格制度が当時の価格で税抜き40円と予想を上回る

高値を付けました。

これは施工後3年間は、再生可能電気供給者の利潤に特に配慮するという基本の基準が

設けられていたのです。

なので、制度施工の最初の3年間は「プレミアム価格」として買い取り価格が大きかったのです。

その後、年々買い取り価格は削減されています。

毎年、この買い取り価格は見直されることになり、その年の買い取り価格が太陽光パネルを設置した時の

売電価格になるという事です。

その買い取り価格が住宅用でしたら、10年間の期間が設けられて10年後に買い取り価格の見直しが電力会社と

行われることになります。

ただ、10年後位の近い将来には電力の自由化が出来るようになるという専門家の声もあります。

そうしたら、今の電力会社だけの取引では無く、もっと買い取り価格の高い電力会社を自分で選べる事の

出来る選択肢が増える事でよりいっそう売電を行う際に、自分に有利な価格を選んで電力を売る事が出来るようになる事でしょう。

その点を考えると、やはり早めに太陽光パネルを設置したほうが有利なのではないかと思います。

2014年01月24日

太陽光発電ソーラーパネルを早めに設置した方がいい本当の理由!

太陽光パネルを設置については賛否両論あります。

まだ、設置するのには早すぎる、もう少し安くなってから設置すべきだ!

とか、今、設置しても家が古いから家のほうの修理代が掛かってしまう。

など、多くの方が太陽光発電の設置には興味を示しているのですが、

設置まで行く方は、ごく僅かなのが現状です。

ですが、将来に渡って見ていくと太陽光発電はこれからどんどん普及が始まってきます。

今から考えて10年20年後を想像すれば、間違いなく太陽光発電の設置は一般家庭で当たり前の

物になる事は確実でしょう!

で、なぜ?

太陽光発電のソーラーパネルを早めに設置したほうがいいのかを今から説明いたします。

これから、どんどんと電気料金は上がっていくと思います。

下がる事はまず、ないでしょう。

上がるという事は投資の観念からすると、仮に太陽光パネルをローンで購入したとします。

電気料金が上がれば、売電による余剰資金も増えることを意味します。

それによって、ローン返済を早めに終えることが出来、その後は余った電力の売電によっての

余剰電力の売電収入を得られる事が出来るようになり、電力が多い月などは売電の収入で家計を助けてくれる

事にもなります。

現在では太陽光発電の設置者に投資効果が得られる用に、余剰電力の買い取り価格

はサーチャージ分が多く上乗せされて通常の電気料金より多い金額になっています。

そのサーチャージ分は誰が負担するのかというと、電力を消費している消費者全員が負担します。

なので、太陽光発電パネルを設置していないより早めに設置していたほうがお得なのです。

これからこの勢いは加速していくことでしょう。

太陽光発電パネルの設置を考えている方はなるべく早めに行動してください。



太陽光発電ソーラーパネル設置でのメリット、デメリットを考える。

太陽光パネルの設置をする事によって、様々なメリットを受けることが

出来ます。

その反面、デメリットも確実に現れます。

ここでは、太陽光パネルの設置で起きるメリット、デメリットを紹介いたします。

まず太陽光パネルの設置で一番に挙げられるメリットと言えば

光熱費を抑えられることによって、年間約80%もの軽減が可能になります。

この点だけでも設置する魅力になります。

ただ、その反面デメリットとしてみると、毎日晴れの日が続けばいいのですが、

雨の日や曇りの日が続くと発電効果があまり期待できないのが現状です。

次に多くの人に注目を浴びる余った電力を売電できるメリットです。

この売電システムによって、家計の節約はもちろん収入源を増やす事が出来るのは魅力といえるでしょう。

しかし、電気料金の使用量が多い家庭でこの売電を考慮した太陽光パネルの設置でローンを組んで

購入した場合、電気使用量が多いと売電が小額になってしまい、ローンに回せる金額が無くなってしまい

結果的に自己負担金が増えるケースがデメリットとして挙げられるでしょう。


次に挙げられるメリットは災害時に非常用電源として使用する事が出来る。

この前の震災で多くの人が電気の有難みを知ったと思います。

そんな停電や災害で発電所からの電気が止まってしまったとしても、自己発電が効くので

災害時の発電が可能な太陽光パネルは災害時においての救世主と言えるでしょう。

ただ、注意して貰いたいのが、夜間の発電はしないし蓄電もしないので、夜間での災害時には

電気を使用できないことがデメリットです。

そして、これも注目されているメリットの一つとして太陽光パネルを設置する事によって

地方自治体から補助金が受け取れる。

何かを購入する事によって、補助金が受けられる制度は大変魅力があり、今すぐにでも

設置を考えてしまいますよね。

ですが、早まって購入を急いでしまっても大きな金額のかかる商品なので補助金を

貰えたとしても、自己負担金額が購入時には多くなってしまうのがデメリットです。

生活を圧迫してまで、補助金が付くうちに購入を急がずに自己資金で耐えうる購入を心がけるのが

良いでしょう。

以上が太陽光パネルを設置においてのメリット、デメリットです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。