2014年01月24日

太陽光パネル設置前に知っておく事。

太陽光発電パネルを設置したまでは、良かったのですが

設置後に思わぬトラブルが発生する事もあります。

設置後に、トラブルに合わないためにも設置前に十分な知識を得てから

設置を検討してみてください!

主な太陽光パネルの設置後に起きるトラブルをまとめてみました。

参考までに知っておいてください。

設置後のトラブル
1,雨漏り
 太陽光パネルを設置するにあたって、屋根に穴をあける作業をする事があります。
 その時に生じた穴から雨漏りを起こす可能性があります。

解決方法:太陽光パネル設置をする業者は雨漏りに関する知識が無い業者が多く雨漏り対策方法が極めて
     乏しいことが多いですので、雨漏り専門の業者の一緒に手配していくとこの雨漏りのトラブルを
     防ぐことが出来ます。

2,雨や雪などの落下での人や物などへの災害
 太陽光パネルの表面はガラス製品で出来ているために大変滑りやすく雪などが落ちる可能性があります。
 そのことによって、物や人へ落ちて怪我や破損を招くこともあり得るでしょう。

 解決方法:パネルの設置を軒先から離すことや雪止めなどの金具を別途設置する事でトラブルを
      防ぐことが出来ます。

3,光害による反射光
 太陽光パネルを設置した後に、隣家への太陽光パネルの反射光が原因による光害トラブルも考えられます。

 解決方法:設置する前に太陽光パネルの角度や設置場所を検討して隣家などに光が入らない場所を選ぶと
      いいでしょう。

以上で、主な太陽光発電パネルによる設置後のトラブルです。

設置前にこの点を考慮しながら、太陽光パネルの設置を考えてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。